FC2ブログ

グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

≫ EDIT

とにかくホッとした、Osaka Metroのロゴデザイン

とにかくホッとした、Osaka Metroのロゴデザイン-5

ちょっと前の話になりますが・・・。大阪市営地下鉄はこの春(4月)から、ようやく民営化を果たしました。民営化は大賛成だったデザオですが、ことデザインに関係するネーミングやV.I計画には、デザイン関係者として、一市民として、ことさらに心配してきましたよ、ええ。

何を心配してたかって?大阪の田舎臭い部分が出てしまったらどうしよう!という不安です(笑) 

ここっていう大事なところで、ダサいネーミングやデザインを繰り出してくるお役所仕事ぶりが心配だったのです。違う言い方をすれば、どこかの権限のあるおじさんが、大阪のイメージを、コテコテ、下町、下品、吉本的お笑い文化だとする偏向メディア的フレームにはまって「これええやん、おもろいやん」と満足する、身勝手なローカル意識が出てしまわないかということです。

世の中なぜか、普通の感覚で考えると「当然こうなりますよね!?」っていうことが、そのとおりに進まないことはけっこう多いもの。移転するつもりでつくった市場になかなか移転しないで200億円くらい損するとか、10月にやればいいのに猛暑の8月にやろうとするオリンピックとか、まさにそうですよね~!

大阪市で言えば、その昔、新幹線の駅を、新大阪駅として、大阪駅から中途半端に遠い立地に決めてしまい、現代にいたるまで乗り換えに不便さを残してしまったように。京阪中之島新線が現在の終着駅の淀屋橋駅からの延伸にならず、変な枝分かれ支線になって、利用客の少なさで今も苦しんでいるように。地下鉄の今里筋線が、だいどう豊里駅から阪急上新庄駅を経由してJR吹田駅に接続すれば、かなり便利な路線になったはずだったのに、大阪市役所の都合か井高野方面へ曲げてしまい、こちらも利用客の苦しさで困っているように。

だから怖かったのです。ある日、ふいに夕方のニュースで、”大阪市営地下鉄の新会社のネーミングは、「ちかてつええやん電鉄」に決まりました!”とか流れてきて、愕然とさせられるような事態を!(笑) だからデザオは切に願っていました。もうめちゃくちゃおしゃれなネーミングやロゴにならなくてもいい、後生だから、せめて普通に受け入れられる案にしてくれ!!

結果的には、「ホッとした」のですが。どうしてホッとしたのでしょうか?

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 01:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンセプトは「イケてないデザイン」!?

コンセプトは「イケてないデザイン」!?

前回の記事の最後で、ちらっと予告しましたが、今日は、実際にデザオが昨年体験した、ちょっとひねりのある仕事のお話です。

きっかけは知り合いの方に、民宿のような、とある施設のホームページを作ってくれないか?と言われたことがきっかけです。予算もないし、ぜいたくは言わない、トップページのカラムやナビの基本的な配置だけやってくれたらいい、みたいな話でした。正式で本格的な規模のWeb仕事ではなかったものの、やはり最初にコンセプトは合意しておかないと!

いろいろと話を聞き出し、「素朴で、野趣あふれる、マイナーな雰囲気でいきたい」「おしゃれでなくていい」ということがわかりました。しかし、名前はあるがロゴもないその施設に、ロゴデザインもいるだろうと、ざっくりとしたロゴの方向性と、ホームページの雰囲気がわかるラフを作成して提示しました。

すると、「こうじゃない」と言われました。アレ?もうちょっとこだわった感じにすれば良かったかな?少しさらっと行き過ぎたのだろうかと反省したとき、言われたことは、「こんなにちゃんとしてたら困る」という意外な言葉でした・・・。「ロゴもちゃんとしてるし、ホームページも見栄えがいい。こうしてもらっちゃあダメなんだよ」

はて?これはどーゆーこと?

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(考え方編) | 17:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【誰得?】昼も夜も読みにくい看板は、もしかして草間彌生さん!?

昼も夜も読みにくい看板

はーい!何回かデザイン概論シリーズを書いてきたので、ひさびさに息抜きになる小ネタをお届けしますよー!

お昼に住宅街で見かけた、とある飲食店の看板です。

こ、これは!(笑) 真っ赤なドット柄が特徴的な看板のデザイン。まさか、これはあの草間彌生さんが手がけたお仕事では!?←そんなわけあるかー!

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 12:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「デザインは問題解決です」ってホント!? デザイン概論⑤

デザインは問題解決

前回までに、デザイン概論のテーマとして「デザインってどういう意味?」を語ってきました。今日は、デザイン概論の最終回として、よく聞く、「デザインとは問題解決することです」という説明について、私の異論をぶつけたいと思います!特にデザインの勉強をしている学生さんや、新人デザイナー教育のときに、この説明を使うことについての問題点です。

「デザインとは問題解決だ」という説明を、著名なデザイナーや大学教授がそういうと、そうなのかと納得してしまいそうです。これは海外でもそのように言っているケースも見られますし、一部、本でもそのように解説してあることがあるようです。それって、どうなんでしょうか?現に、前回の記事でご紹介したウィキペディアにも、下記のような説明の部分がありました。

(抜粋)また、デザインとは具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。(下線はデザオ)
デザイン - Wikipedia 

「具体的な問題を解決するために」とありますねー。

ところで「問題解決のため」と言うには、前提として問題があることになります。きっと道に迷っている人のために案内看板があったり、家電製品の操作に困らないように取扱説明書があったり、企業が新商品を効果的に売り出すために考案された広告だったり、そういう広い意味での「問題解決」でしょうね。

この発想の延長上に、「デザイナーは医者みたいなものです」というたとえ話も成立します。クライアントのかかえる問題について、話を聞き、診察し、解決策を提示する、医者みたいなものだというわけです。

そう考えると、「デザインは問題解決」という説明は、確かにいろんなケースを、かなり広くカバーできる説明とも言えそうです。

でも、デザオは以下の3つの理由から、この説明は、間違っているとまでは言わないまでも、デザイナーを目指して勉強する学生さん、あるいは新人デザイナーたちを、混乱させる教え方だ、と思うのです!

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(考え方編) | 17:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV