グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

写真の修正指示って、何!?それも、グラフィックデザイナーが知っておく実務的な知識です!

写真の修正指示-1

3回に渡って「校正」について書いてきましたが、4回目の今回は「色校正」「写真に書き込む修正指示(赤入れ/朱書き)」について書こうと思います!

でもその前に・・・。

フォトショップがどんどん賢くなるにつれ、写真のデータを触るのはフォトグラファーなのか、デザイナーなのか、印刷会社なのか、段々曖昧になってきています。

ほんの10~15年ほど前までは撮影はリバーサルフィルムだったので、フォトグラファーはシャッターを切ったら現像して納品が基本でした。デザイナーがチェックして修正指示を赤入れ、印刷会社で実際の修正をするという流れでした。

しかし、現在ではフォト原稿のデジタル化と、フォトショップなどのフォトレタッチソフトの進歩により、フォトグラファーが自分のほしい写真のイメージに修正を加えて納品して自分の付加価値を高めたり、デザイナーが自分のほしいイメージに近づける修正を加えたりと、印刷入稿前にすでに写真に手を加えることが普通になってきました。

そういう意味で、「写真に書き込む修正指示」はそれ以前より必要性や書き込む機会が乏しくなっていると言えるでしょう。しかし、これまでの記事で「校正記号」を知っておくことの必要性として書いてきたことと同じように、「校正集約紙」にどのような修正指示を書いたかをきっちり残すという意味でも、「写真に書き込む修正指示」は知っておいて損はありません。

「校正記号」はJIS規格で決まっているのですが、「写真に書き込む修正指示」は必然的、慣習的に、だいたい「書く言葉」が決まっていると言っていいでしょう。どのような表現をするかですが。。。

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色校正って、何!?グラフィックデザイナーがドキドキ、ワクワク、イライラ、ハラハラする、校正の一面です!

色校正って、何 
Google「色校正」で画像検索したところ

前々回は「校正」、前回は「校正記号」について書きましたが、今回は「色校正」について書きますよ―。

と言っても、印刷技術的な話は印刷会社さんのブログやホームページで、十分ありがたく詳細な情報が手に入るので、できるだけそこには踏み込まないようにして、グラフィックデザイナーになりたいなーと思っている学生さんたちに、「色校正」って何?という疑問に答えるという視点で書きますよ―。

もしまだ、前回(→こちら)と前々回(→こちら)の記事を読んでいない方は、ぜひそちらから読んでくださいねー。そのほうが100倍話がわかりやすくなりますからねー。

さて、「色校正」ですが、前々回の「校正」の説明で書いたこととまったく同じように、名詞、つまり物としてとらえると、印刷会社から上がってきた「カラーでの校正刷り」そのものを「色校正」と言います。「おい、色校正がまだ来てないぞ―、大変だー!」と言います(笑)この場合は単に「色校」と呼ぶことも多いです。

たとえ、仕上がりがモノクロでもか?とか意地悪言わないでー!要は、デザイナーが指定したインクと指定した印刷用紙で実際に刷って、ほぼ本番と同じような条件で、どんな感じに見えるかということを確認できる「校正刷り」は、フルカラーでもモノクロでも「色校正」と呼びます。

そうではなく、作業の名前としての「色校正」は、デザイナーが指定した色指定どおりに上がっているか、写真の再現は意図したとおりに上がっているかをチェックして、必要があれば「修正指示」を書き込むことです。「色校正は念入りに頼むよ―」と言います。

近年はCTP(Computer To Plate)というデータから直接刷版を作る方法も普及してきたので、「デザイナーが指定したとおり」にはまず必ず上がるのですが(笑)、それがデザイナーが意図したように、色彩の美観を満足させるかというと別問題ですものね!デザイナー本人が、「これで上手くいく予定だったのに思ったほどきれいにならなかったー!(≧◇≦)色指定を変えるぞ~」ということもあるわけです。

つまり、過去2回の記事と合わせて言うと、「色校正」が上がってきたら、文字の間違いがないか確認して「校正記号」「赤入れ/朱書き」することと、色彩・写真再現に問題がないか確認して「修正指示」「赤入れ/朱書き」すること、大まかには2つの視点があるということですね。そして今回はその後者の話をしているというわけです。

「大まかには2つの視点がある」と言ったのは、厳密にはほかにも、印刷用紙とのマッチングや、レイアウトの修正など、デザイナーとしては考えつくだけのあらゆる視点で仕上がりを吟味するためです。

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

校正記号って、何!?それも、グラフィックデザイナーが知っておく実務的な知識です!

20150204 校正記号って、何
Google「校正記号」で画像検索したところ

前回は、グラフィックデザイナーを目指す人が知っておくべき「校正」の基本的なお話を書きましたが、今回は「校正記号」について書きたいと思いまーす。

すみませんが前回の記事の中から一文を抜粋しますよー。

『元原稿や、前の段階の校正の訂正と見比べながら、間違いがないか確認し、もしあれば赤ペンでその場所に「校正記号」「修正指示」を記入します。これを「赤入れ」「朱書き」などと言います。』

この「校正記号」のことですね。

どんな記号かというと、冒頭のGoogle画像検索結果にあるようなものです。デザインや印刷の雑誌でも校正記号についてまとめてくれている場合がありますが、最近ならネット上の情報でも網羅されていますから、金欠の学生さんにはそれで十分だと思います。

Q. グラフィックデザイナーになりたいんですけど、そのためにはこの「校正記号」を覚えないといけないんですか!?

これは校正記号の習熟度が、あなたの就職する職場にとってどれくらい重要かということに関わります。同じグラフィックデザイナーと言っても、もし雑誌編集や書籍に関わるような職場なら、「校正記号」はとてもシリアスな意味を持ちます。

しかし、正直言うと、そういう出版系ではない広告やデザインなら、たくさんの「校正記号」を覚えていなくても仕事はできます。かくいうデザオも、すべての「校正記号」を覚えているわけではないのです(^_^;) 

まして、就職や転職活動のときに「校正記号」を覚えておかないといけないなんてことはありませんから、心配しないでください。

就活ではあくまでポートフォリオのクオリティやソフトをどれくらい扱えるか、コミュニケーション能力があるか、ということが重要です。しかし、そのポートフォリオの中の作品やコンセプトの説明の文章に、誤字脱字が散見されるようではいけませんよー!

話がそれちゃいました。したがって、「校正記号」を覚えておかなくても就活に支障はありません。仕事を初めて、それぞれの職場で必要な分だけ、自然と覚えていけるものです。

しかし、校正のプロセスと校正記号がどういうものか、どういうことをするかを知っていて、それもグラフィックデザイナーのする仕事の一部だと理解しているかどうかは重要です。校正とか、誰かがやってくれるんじゃないの?なんて思ってはいけませんよ。

ところで・・・、専門学校で、少しだけ「校正記号」の話をすると、ときどきある質問で次のようなものがあります。

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

校正って、何!? グラフィックデザイナーが気をつけるべき仕事の実務的な一面です!

今日は校正について書いてみようと思います。校正とは一般的に言って、「印刷物等の字句、内容、体裁、色彩を、あらかじめテストを出して、確認したり、修正したりすること。」です。

具体的には、データを作成して、印刷会社に入稿し、実際に印刷する紙やインクを使い、校正機でテスト印刷を数枚します。元原稿や、前の段階の校正の訂正と見比べながら、間違いがないか確認し、もしあれば赤ペンでその場所に「校正記号」「修正指示」を記入します。これを「赤入れ」「朱書き」などと言います。

グラフィックデザイナーにとっては、印刷物以外にも、WEBデザインや、看板など、印刷物でない対象の媒体デザインもあるわけですが、特に印刷物と区分けしている意識はなく、それらの媒体にも誤字誤植がないようにチェックするという意味で「校正」という言葉は日常的に使われます。

「校正」はこの「確認→赤入れ」の作業を表現する言葉としても使われますし、上がってきたテストそのものである「校正刷り」を表す名詞としても使います。上司が部下に「校正しっかりしといてー」と言ったりしますし、「校正がまだ届いていないよー」と言ったりします。

「校正刷り」は特に新聞・雑誌の現場では「ゲラ刷り」と呼ばれることもあります。「ゲラ」とは「校正刷り」のことなのですが、その語源は、活字組版で版を「ゲラ(galley)」と呼ばれる箱にいれて校正機にかけたことからきているそうです。

上記のように、専門用語がいくつも並ぶとちょっと頭に入りにくくなるものですが、要点を整理すると、「文字に間違いないか、色が変になっていないか、テストをあげて確認するプロセスの総称」です。総称ですから、あなたが就職する職場によって印刷物との関わりが違うと、校正の定義の厳密さもぜんぜん違うと思います。

たとえば最近ではカラープリンターの出力が低コスト化していますので、印刷会社でテストをあげる前の原稿制作段階でも、プリンターで出したものを校正刷りと読んだり、文字確認することを校正と呼んだりする場合もありえます。

校正のステップはいくつかあり、仕事の内容によって違いますが、デザイナーにとっては背筋も凍るほど恐ろしい「誤植」を出さないためには、めんどくさくても必要不可欠なステップと知識になります。(誤植については以前の記事をごらんください)


では、校正の基本的なステップを以下に紹介しましょう!

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポートフォリオを作ろう!④ ポートフォリオの組み立ては?PART2

20150116.jpg 

ポートフォリオのお話の4回目です。ポートフォリオの組み立ての続きですね。学生さんが不安に思うことはだいたい以下の様なことではないでしょうか?

1. 作品を何点くらい載せたほうが良いのか?
2. どんな作品を載せるべきなのか?
3. 趣味のイラストや学生時代の絵、前職での仕事などを載せていいのか?


今日はこの点について、書きましょう!

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV