グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

習うより慣れよ・・・イラレもフォトショもしがみついて使いまわす!

20150307.jpg 

デザオはMACを教えている講師ではありません。でも、MACを教えている講師の方とコミュニケーションしながら授業しているので、イラレやフォトショのソフトを初めて触って苦労する生徒さんの様子はよく知っているつもりですよ~。

やはり、40代の方、30代までパソコンにあまり触れてこなかった方、20代でも極端にパソコンに苦手意識のある方は、習得に時間がかかるようです。

もし読者の方で、これからデザインの勉強をしようと思いながら、このソフトの操作について心配している人がいたら、これこそまさに「習うより慣れよ」だとお伝えしたいです。つまり、家にパソコンと習うソフトをインストールして用意せよ~ということです。

例えば、同じように授業を受けている生徒さんでも、家にパソコンがあり、イラレやフォトショのソフトを思い切って購入して、学校で勉強したことを家で復習したり予習できたりする環境があると、格段に進歩率が違います。

でもそうではない場合は、授業と授業のあいだに、何日間か1週間あいてしまうので、授業のときはわかったことを半分以上忘れてしまうのです。

忘れないようにするために、普通生徒さんはノートをとるのですが、ノートをとる時間がないくらい、ソフトの操作は次々と違うことをしなければいけません。インターフェイスのどこをクリックとかどこのメニューを見るとか、そうそう簡単にノートに書けるものでもないですしね。

苦手だ苦手だと言っても慣れている

学校に入学して、欠席せずまじめに授業を受けていれば、2,3ヶ月もしたらかなりソフトの操作に慣れてきます。本人はぜんぜん習得できているつもりがなくても、まったく知らない人からすると、すいすいやっているように見えるのです。

そんなペースで、わからん、わからん、操作がむずかしい、どうやったっけー、ああだったっけー、と言いながら半年も格闘していると、十二分にひと通りの操作は出来るようになるのです。

つまり、乱暴に言えば、わからん、わからん、言いながらでもいいから、ずっとソフトを触って何か作ってなさい!(笑)ということなのです(^_^;) それでソフトは使えるようになります。

その過程で、プリンターで出力したら何かおかしいとか、ネットがつながらないとか、画像を取り込めないとか、ソフト操作以外の周辺へと経験知が広がっていくのですから。

以前にグラ雨でも書いたように、MACの講師をやっているデザイナーさんで、学校でMACを学んだひとは珍しく、ほとんどの人が仕事の中で苦労して、我流でMACを使いこなせるようになっている人なのです。

そしてソフトの操作に過剰なストレスが無くなったころに生徒さんは気づくのです。MACが使えても、いいデザインが出来るかどうかは別だ、と(笑)

関連記事:【朗報】なぜかフォトショップにキャッチコピー提案機能が搭載!?MACさえ出来たらデザインもコピーライティングも心配なし!?

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 広告とデザイン業界 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生徒のフットワークが重い!?面白がるより、めんどくさがるが主流なのか?

20150306.jpg 

今日はめずらしく愚痴のひとつもこぼしましょうかね・・・。

グラフィックデザインコースを持つ、ある他の専門学校関係者の方とお話していて、学生のフットワークが重いという話題になりました。確かに身近な講師陣の人たちの意見でもそう聞く事が多いですし、デザオ自身、そう感じるときがあります。ほかの学校でもそうなのかと思いました。これは、いったい何なのでしょう?

大前提として、個人差は大きいですからね。なんでもやってみようと行動を起こす生徒たちももちろんいるんですよ。でもあくまで平均的な話として、積極性に乏しい、行動を起こすのを敬遠するというのは、ここ数年の世代の生徒共通の特徴で、年々ひどくなっている印象があります。

具体的な例を3つあげてみましょう。

1. 出かけるのが億劫

面白い展覧会がある、デザインに関係するイベントがある、新しいお店やショッピング施設がオープンした、などの街情報があるとしましょう。情報を聞いたときは、面白そう!行ってみたい!興味がある!と言っているのに、1週間たっても、1ヶ月たっても、行ったと言わない。忘れたころにきいてみると、ああ、そうですね、行ってないです。忙しくて、と言う。

2. アナログ作業が億劫

絵の具で絵を書く、鉛筆でスケッチしたり、タイポグラフィのアイデアスケッチをする、大型の作品を工作する、などのアナログ制作物があるとしましょう。やりだすとそれが楽しいとわかるのですが、やりだすまでが後期高齢者並に腰が重い。なんだかんだと理由をつけて着手しない。まるでテスト前の勉強のように、やらないといけないとわかっちゃいるけど、ぎりぎりまでやりたくないかのようです。

3. ネットになかったらない

時代でしょうか?世代でしょうか?こだまでしょうか?写真素材を探すのも、情報を調べるのも、ネットです。それ自体は別にいいのです。便利で効率的ですからね。でも、ネットで見つけられなかったら「なかったです」で終わるのはおかしいでしょう?(笑)企業やお店に電話1本入れてきいてみれば済むようなことをしない。図書館や書店に行けばありそうなものを確認しない。ネットで誰かが調べてアップしてくれてない情報は、見つけようがないとあきらめてしまうのです。ネットのなかった時代はどうしてたと思うんでしょうか?

まるで引きこもりやニートのような内向き性向が、実際の意味だけでなく、学習スタイルの傾向としてもじわじわと影響しているかのようです。そんな時代だから仕方ない、と済ませてしまうには怖すぎる傾向です。

もちろんそこで、講師なんだから、行動を起こすことによって得られることの良さや楽しさを理解させ、満喫させ、自らそれに気づくようにもっていけよ、と言われればそれまでですが、それを学生に直接訴えかけないと伝わらないくらいになったんだなと、驚きとともに自覚してきています。

実際に生徒に行動させてみて、やってみたら面白いでしょう?と聞くと、面白いです!楽しいです!とこたえるのですが、じゃあ、授業でなくても自分でもやってみたらどうですか?って聞くと、めんどくさいから多分やりません、ってなるんです(笑)ガクっ・・・(^_^;)

≫ 続きを読む Read More

| 広告とデザイン業界 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急ぎの仕事に奮闘する怒涛の一週間のご報告。

f1e6abda74c48b8189fe4a1b8fe41880_s.jpg

(前回までのグラ雨は・・・)

旧友のKに受けた相談をきっかけに、たくさんの展示ブースのデザイン仕事を約1週間でチェックしてもらえるところまで完成させなければいけない仕事を突然引き受けることにしたデザオ。友人のMの協力で、大量情報のレイアウトを手分けすることで何とか間に合うのではないかと「読み」をつけた!さぁ、元々の予定にプラスして大きな仕事を引き受けて、本当に読み通りに進めることができるか気合いを入れなおすデザオの、明日はどっちだ!

(この話は、この3回目の記事でいったん終わりです。なぜかというと、今日に追いつくからです(^_^;))

いくら焦ったところで、デザオにもMくんにも、全体像がわかりやすく見渡せないと、作業の進捗管理もままなりません。まずは、Kくんから送られたたくさんのデータを片っ端から開いて、内容をざっと確認します。

うん、確かにレイアウト前の情報や画像やイラストがいっぱいあります。最初の印象は、いっぱいありすぎてよくわからないということです。しかしどちらにしても、それは大きなデザインが決まったあとにするしかありません。

まずはトーン&マナーの変更が先です。そこはデザオの仕事です。内容は詳しくわからないけど、こういうスタイルにしていけば、情報量が変化しても統一感を持ってレイアウトを進められるのではないか?というデザインプランです。

幸い、Kくんの判断で、基調となっていた壁面上部に配置されている飾りのラインをやりおす作業がすでにKくんの部下さんの手で進んでいました。そのラインの画像データをもらって活かすことで、1日目の晩の打合せのときには、バーで頭の中に浮かんでいた、「こんな感じのデザインでどお?」というラフ案を持参できました。

最初の打合せでは、「こんだけ言っていて、デザオのあげてくるデザインがめっちゃくちゃひどいものやったらどうするK?」「デザオ・・・、あんだけ偉そうに言っといて~!とかな(笑)」と、友人だからこそできる会話もしていたのですが、Kくんもそのラフ案を見て、その方向で進めてほしいと、安心してくれたようです。よし・・・まず1つクリア。

≫ 続きを読む Read More

| 広告とデザイン業界 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レイアウトすべき情報大量。超急ぎ。経験のないジャンルのデザイン。さぁ、どうする?

974a1f2fd955a2fbb923fce0b60189ff_s.jpg 

(前回のグラ雨は・・・)

とある梅田のバー。旧友のKくんに仕事の相談をされたデザオ。大量にあるのに時間のないデザインの仕事で困るKくんを前に、自分が手をあげるべきか躊躇する・・・。さぁ、気持ちはなんとか手伝ってあげたいけど、さすがに安請け合いは出来ないと考えるデザオの、明日はどっちだ!

(↑ あしたのジョーの次回予告ですよ。古過ぎるか・・・)

Kくんは、何もデザオにやってくれと相談してるわけじゃあありません。大きなデザインの方向の話をして、何か参考になればと思っただけでしょう。

しかし、デザオにはKくんを助けたい気持ちもあるし、聞いてみると予算も無茶ではないまっとうな額です。こうしたら上手くいくんじゃないかと頭に浮かんでいるデザオにしてみれば、やらなくちゃもったいないじゃないか?という商売心も動きます。。。うーむ。

「やるよーって言いたいけど、なんせ時間がないよなぁ・・・。」
「そーやねん」

よく聞くと施工はもうちょっとあとだけど、チェックするクライアントの方が2段階方式です。これはよくあることで、プレゼンするクライアント側の担当者の人がいて、その人のチェックがまずあって、それがOKとなると、その担当者の人がプランを持ってさらに上へ本プレゼンをするということです。最初のチェックまで1週間、本プレゼンまで10日という予定です。

デザオが持っている他の仕事の予定から考えて、この短期間に1人で出来ないのは間違いありません。そこでふと思いつきました。

「そーだ!Mと手分けしたら出来るかもしれないな」

≫ 続きを読む Read More

| 広告とデザイン業界 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発注したデザインがなかなかあがってこない!いったいどうなってるんだ!?→あがってきたら全然パッとしない(ハァ・・・)

9e7adcce703b01f6ffc49ee9831a1ad2_s.jpg

数日前から、旧友に頼まれた仕事が緊急のため、大忙しなんですーと、記事中でほんの少しだけ触れていましたが、今日はそれを支障ない範囲で書こうと思いますよー(^^)

先週ある日の夕刻、東京から出張帰りの新幹線の車中にいた旧友Kくんから「仕事の悩み相談を聞いてくれ。アドバイスがほしい。今夜、一杯飲みに行かないか。」と久しぶりの電話がありました。Kくんとは去年にも仕事の話をしており、何かその後の進展があったのかとも思い、やりかけの仕事をかばんに突っ込んで、けっこう遅い時間ながら、梅田のバーで会ったのです。

Kくんはある種の施工会社に努めています。東京で開催される大きな展示会のブースのデザインと施工を担当していました。関連会社からの情報で、似た展示会でのデザイン実績のある某デザイン事務所に連絡をとり、昨年末にデザインの打合せをして発注しました。

しかし、なかなかプランがあがってこず、催促のすえ、やっとあがってきたデザインがパッとせず、掲載される情報パネルなどの中身のレイアウトも進んでいなかったそうです。

渡した資料のイラストやダミー画像がそのまま並べてあるようなレイアウトで、Kくんとしては「ぜんぜんデザインされてないじゃないか、これだけ待ったのに渡した資料どおりすぎる!」と焦ったそうです。

それを持参してのクライアントとの東京での打合せは案の定散々だったそうです。そこでふと、昨年デザオとお酒を飲んだときに、トーン&マナーの大切さと難しさについて話していたなーと思い出して、電話をくれたのだそうです。

ブースの規模も大きく、情報パネルも数十枚あり、それを統一感を持ってレイアウトする細かい実務作業だけでも大変なのに、何よりも問題なのは、全体のデザインの方向性(トーン&マナー)が否定されたことで、Kくんは立ち往生してしまったことです。

≫ 続きを読む Read More

| 広告とデザイン業界 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV