FC2ブログ

グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

「朴訥(ぼくとつ)とした風情を出してんじゃねーよ」駅長のレトロなアプローチ!?

構内に滞留寝ることを禁止 

大阪市交通局の皆さん、いつもネタを提供くださり誠にありがとうございます!

大阪都構想を打ち破り、橋下市政もじき終わると安堵されていることかと思います。しかし、市民の目はこれまで以上に厳しくなり、デザオの貼り紙チェックもますます厳しくなりますよ!(なんのはなしや)

さて、出ましたまた「駅長」からの謎のアプローチ。「構内に滞留 寝ることを禁止。駅長」の貼り紙です。きっとホームレスの方やヤンキーの方が駅構内にとどまることはダメだよと警告したんでしょうね。

グラフィックデザイン的に見て、気になるのはこのタイポグラフィです。何をどうしたら、こんなレトロな、子どもの切り絵みたいな文字に出来るんでしょう??

これが小説のタイトルで、本の装丁でのタイポグラフィなら、朴訥(ぼくとつ)とした昔の貼り紙の雰囲気を出したいがために、わざと手描き(フリーハンド)の「つたない感」や戦後の雰囲気を出しているんだなーと感じるところです。

しかし、これを21世紀の都市部公共交通機関の貼り紙で堂々とやってしまうところが、まったく意味不明で、激しくツッコミを入れたいところです。「な、なんで!?」です。駅には文字を打つ機械がなかったの?駅長の娘がハサミで文字を切り抜いている家内制手工業なの!?

それとも、本当にレトロなイメージを出そうとデザインしたの??(笑)だとしたら、デザイナーですね~っ!でも、それなら駅全部のデザインをその時代に合わせてくれないと、貼り紙1枚だけレトロにしても、見た人には伝わらないよ!

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阪急電鉄の「京とれいん」面白いコンセプトの車両は大歓迎!→でもとにかく眠くなる!?

京とれいん 

阪急電鉄の阪急京都線は、大阪・梅田から京都・河原町を約45分でつなぎます。この区間に1日4本走っている企画電車が、このラッピングが目を引く「京とれいん」です。

京とれいん2 

「京とれいん」は、特別なチケットなどなく、通常の車両に混じって運行されているので、デザオもときどき偶然乗り合わせるのですが、車両がいろいろあり、けっこう面白いのです。

グラ雨読者の皆さんも、ふいに乗り込んだいつもの通勤車両が、たまたま「京とれいん」だったと思って、以下の写真を見てください。

京とれいん3 

なんだか車両外壁と同じマルーンカラーを基調にした車内吊りポスターがずっと続いています。

京とれいん4 

ふと見ると、一番奥まで同じ基調色のポスターが・・・

京とれいん5
 

ふとドア横のポスター枠に目をやると・・・ここもだ・・・。京都の話を書いてあるんだなぁ・・・。

京とれいん6 

さらに上に目をやると、ドア上枠も関連ポスターだ・・・。へー、企画ものなんやねー。いいじゃない、京都の観光客も増えてるっていうし、こんな特別車両があったほうが盛り上がるよね~。

でもなんか車内の風景が不自然な気がしたのです。ん?なんだこの違和感は?ちょっと考えて気付きました。照明がやたら暗いというか、赤いというか、暖色系で、要はムーディー勝山なのです。きっとLEDなんでしょう。

デザオの気持ちを説明するために、この色をあえて「赤暗い」と表現しましょう。この赤暗さは、度が過ぎませんか?何のイメージでこうしたのでしょうか?

和室の行灯?祇園の夜?なんでしょうね?

京とれいん7
 

地下鉄駅に停車中の「京とれいん」です。不思議なことに京都線の本線からはずれる地下鉄堺筋線にも、「京とれいん」降りてくるんですね!もしかしたら、画像の「京とれいん」は、通勤電車用の「ちょっとだけ京とれいん」かもしれません。だって、阪急のホームページによると、「京とれいん」は対面式シートが和風になった(!?)車両など、もっと個性的なはずですから。

京とれいん9
 

とにかくこの「赤暗さ」は、やはり違和感があって、アメリカ人の家の夜のリビングかよ!っていうくらいで、要はやたら眠たくなってくるのです。乗客もやたらキョロキョロしたり、お連れの方と「なんか照明がネェ~」「ネェ~」などと会話しています。

京とれいん8
 

わかります?この赤暗さ!この明かりの色が、なんで京都と関係あるんだろう・・・?

い、いいのかなぁ・・・これ?

うたた寝しながら、ついこの特殊な照明色(表現)のコンセプト(狙い)を知りたくなるデザオなのでした・・・。

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼太郎かよ!派手すぎて、目がチラついて、情報が頭に入ってこない!

派手な看板 

普段行かない街や駅に行くと、またいろんな貼り紙や看板があるもんですねー!そんな中でも、この派手な看板!笑うでしょ?

鬼太郎かよ!阪神タイガースかよ!クレイジークライマーかよ!と行き交う誰もが声をあげて突っ込んでいたくらいですよ。←それはウソやろ

情報は4つの主要な行き先に対する出口番号を書いただけのシンプルな情報のはずなのに、なかなかその情報が頭に入ってこない!

文字はめっちゃ大きいし、情報はシンプルだし、黒と黄色は大阪市営地下鉄の案内板の規定色なので問題ないし・・・。

じゃあ何が問題なのかというと、まず派手過ぎる!ただでさえ黒と黄のコントラストが激しいうえに、真ん中の紙がラミネート加工みたいになっていて、さらにサランラップみたいなツヤツヤ(でシワシワ)なフィルムでラップしてあるので、照明をよく反射してテカテカしています。

構図も四角、丸、四角、矢印という図形をみっちり並べすぎなんですね。余白がなさすぎるのです。余白がないから情報の境目(情報のかたまり)もわかりにくいです。



以前にも、地下鉄の出口の案内については、似たような指摘をしたことがありましたよねー。そうそうこれです!(↓)

20141110-3.jpg
 20141110-4.jpg 

関連記事:なんとかならんのかい!大阪市営地下鉄 天王寺駅改札前の柱に貼ってある出口案内が意味不明過ぎる・・・。

この記事で取り上げた元の案内も同じなんですが、情報をドドドドドドドド・・・っとジョジョの奇妙な冒険みたいに並べるだけで通行人に伝わる、と考えるのは、大間違いですよ!ってことです。

ま、今回の案内はたった4方向なんで、ドドドドドドドド・・・・ではなく、ドンっ、ドンっ、ドンっ、ドンっ、なんですが、並べるだけでいいと思うな!と言いたいですよね(笑)

派手な看板2
 

ほら・・・、行き先を間違った小柄な中国人観光客の女性が引き返してくるくらいじゃないですか。←いやいやいやいや、それは関係ないやろ・・・中国人観光客でもないやろ・・・小柄でもないやろ・・・

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病み上がり→延期した仕事がドッと押し寄せる→病みアゲイン・・・

病みアゲイン 

昨日は、フリーの仕事では病気すると大変だよね~ということを書きましたが、今日もちょこっとそれに関連したお話です。

デザオの場合は感染性胃腸炎だったのですが、一般的にデザイナーの人が風邪を引いてしまったときに「よくあるパターン」が、これ(↓)ですよね~~。

1. 風邪で仕事が出来ない→何とか苦労して1日でも2日でもがんばって休む

2. 休んでいるあいだに「しなければいけないこと」が積み上がる←風邪が理由なら職場の同僚も「1日2日で出てくるだろう」と踏んで特に仕事を代わってやろうという声があがらない

3. まだ風邪が治ってないのに無理して数時間だけ出社して、仕事を始める

4. 職場にいるので、「あれはどーなったんだ」という問い合わせがあちこちから入る

5. 頑張るが、ぼーっとしてるから、仕事は遅々として進まないし、つまらないミスをする。

6. もっと風邪をひいて、さらに休む(ガクッ!)


そうです。ただせさえ慌ただしい仕事が、急に病欠したせいで、余計に積み上がり、のっぴきならない状態になっているので、病み上がりの弱い身体にムチ打って、頑張ってしまうのです。そして、また風邪をひく。または風邪がもっと深刻になるというパターンのことです。

これは、いけませんねー。

職場の人も、「おい、大丈夫かぁ?」「あんまり無理するなよぉ」「ほどほどにして、今日は早く帰ったら?」などと、優しい言葉だけはかけてくれますが、決して「その◯◯の仕事やっておこうか?」とはなかなか言ってくれません(笑)

よほどの出来た上司か先輩なら、本人が職場に出てきたとしても、しばらくは「病み上がり」と認識して、仕事のカバーやフォローをしてくれるでしょうが、普通はそうはいきません。職場にいるなら通常通りに出来ると思われます。デスクワークの辛さですね。。。

もし皆さんが風邪で仕事を休んだら、中途半端に出社して頑張る姿勢を見せたり、ぐったりした声で何度も電話したりするより、「的確な仕事の延期連絡と業務分担の意見を上司・同僚・部下への依頼連絡」を早急に短時間に確実に伝えて、「わ!こいつ休むときもキッチリしてるなー!」と感心させましょう!

そして、あとは仕事のことは頭から忘れて、じっくり休んで完全に治す!それにつきますよね!

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病気で仕事を休む→すべて延期→フォロー無し+補償無し

胃腸炎 

いや~っ!ひさしぶりっ!デザオが数日ぶりに戻ってきましたよ~!

昨年から1年近く、1日も欠かさず、更新してきた「グラフィックデザインの雨音」は、なにわの奇跡(←ちゃちぃな!)と呼んでもいいくらい画期的な無欠勤記録だったのに!

ところが5/16の記事を最後に、17、18、19、20、21と5日間も更新無し!

毎日の記事を楽しみにしている全国50万人のグラ雨ファンの皆様のなかには、「デザオはもしかして事務所で倒れているんじゃ?」「いや、強盗に入られて死んでるかも!?」と、さぞ心配されたことでしょう!

え?してない?更新してないことも気づかなかった!?そりゃあないですよ、お客さ~ん(^_^;)

実はデザオは、17日の仕事の途中から気分が悪くなり嘔吐。。。ふらふらと帰宅するも嘔吐。ぐったりして食欲もなくただよこになりウーンと唸っては寝こむだけ。。。

ちょっと心当たりもあり、「これは感染性胃腸炎だ・・・」と直感!翌日、陸上自衛隊ばりのほふく前進で病院に行くとやはりその通り、感染性胃腸炎。

「はぁ・・・これは、やばい・・・」数年前、生牡蠣で初めてノロウイルスにあたったときもかなり疲弊しましたが、仕事が一番困る!

ひとまず数日間の打合せと出張を全部キャンセルしてもらい、デザインの提案やデータ送りの取引先には事情を説明して延期を懇願。何とか寝られる状況を確保。

あとは4日間、ほぼ何もせず、何も食べず、ネットも見ず、メールを打つためにスマホを持つ腕もだるくて長続きしないので、数文字だけもうろう状態で打つという状態です。

経口補水液のOS-1だけを命の糧にしながら、「ああ、ブログが・・・ここまで続けてきたのに・・・」と思いながらも、パソコンの前に座るパワーもありません。

抗生物質入りの薬でウイルスを殺し、急速に回復した昨日まで4日間ほぼ何もできませんでした。いや~、怖いですね、怖いですね。いや~、映画って、面白いですね、面白いですね。←映画観てたわけじゃあないですよ

フリーの性(さが)=フォロー無し+補償無し

当然のことながら、フリーランスの仕事は、街の商店街の八百屋さんのおじさんと同じで個人事業ですから、自分が病気でたおれてしまったら、誰もお店を開いてくれません。つまり、仕事をフォローしてくれません。もし病気や怪我で1ヶ月入院したとしたら、考えるだけでも恐ろしいです。

正当な理由であれば病欠扱いになるとか、有給が使えるかどうかとか、そんな会社内のような話はまったくないわけですから、休んだだけ仕事は遅れ、収入(日当分の働きで考えると)は減るということになります。

だから、たとえ数日間とはいえ、こういう病気のときに、普通に健康であることのありがたみと、フリーランスの怖さを身にしみて感じます。

専門学校の学生さんで、よく「フリーになるにはどうしたらいいですか?」「フリーはいいですよね?」と言う方がいますが、こういうことも仕事の一側面として知っておきましょう!

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 23:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV