グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

デザイナーもコピーを考えないとアートディレクターになれませんよ~。

20140716.jpg

私はデザインの授業の中でも、少しでいいからキャッチコピーの授業が必要だと考え、実際にそうしています。

グラフィックデザインの勉強をする気の学生さんにとっては、「コピーライティングはコピーライターがやってくれるんでしょ?」「私は書かなくていいんでしょ?」としか考えていない人もいるかもしれないと思いながらも、その大切さを説明して、実施します。

なぜなら昨日の記事で書いたように、広告においては、デザインとコピーを切り離してアイデアは考えにくいからです。さらに踏み込んで言えば、デザイナーも頑張ってコピーを書くべきと思うからです。



デザイナーもコピーを書こう!

デザイナーとコピーライターの仕事のバランスは、正直言って職場によってだいぶんと様相が違います。それは社長の考え方による場合もありますし、ひとつのチーム内での「どっちが出来る奴なのか」によって変わる場合もあります。

たとえばデザイン会社で、最小と思われる制作チームは3名で、アートディレクター、デザイナー、コピーライターです。アートディレクターは、チーム内のデザインもコピーもチェックします。

このことが何を意味するかというと、デザイナーもアートディレクターになったら、コピーライターにダメ出しをしたり指導をしたりするということです。いやいや、アートディレクターになったらなんて悠長なことは言ってられませんね。コピーライターとペアで仕事をする以上、あーでもない、こーでもないと意見をたたかわせないと仕事になりませんよね?

そのためには、デザイナーも普段からコピーを書くことです。

サムネイルに考えたキャッチを書き込むことはもちろんのこと、「こうしたい!」というコピー案を提示すべきです。コピーライターの性格によっては、嫌がる人もいるかもしれませんが、それでコピーの質で負けるようじゃあコピーライターの名がすたります。

器の大きいコピーライターなら、そのデザイナーの書いたコピー案で、デザイナーの考えを理解し、それをもっと良いものにできますし、場合によってはそのキャッチコピーが成立するように、周りのコピーを整えてくれるかもしれません。

デザイナーがコピー案を書いてみることは、コピーを書く難しさを理解するヒントにもなります。

たとえ自分にはコピーを書くセンスがないと判断しても・・・

デザイナーとして広告の仕事を数年以上やってみて、自分なりのコピー案も書き続けてみて、それでも同僚たちと比較して、つくづく自分には言葉のセンスがないなーとあきらめモードになったとしましょう。

それでも、少なくとも、「いいコピーか、そうでないかは判断できる」ようにならなくてはいけません。それが判断できないとアートディレクターになれないからです。逆に言えば、それができれば、いいコピーが書けなくてもいいのです。

俯瞰で見て、ああコピーに問題がありそうだなー、コピーライターの人にもっとこういう感じで考えてもらおうと、判断して指示できれば、それでいいのです。

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 広告とデザイン業界 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gd-amaoto.com/tb.php/56-b697c517

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV