グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

Q&A 「何を狙ったデザインかぜんぜんわからないことがあるんです」←それで、いいのだ。

20150429-1.jpg

専門学校の授業で、デザインのコンセプトを説明していると、ときどき生徒さんに「わたし街で見かける広告の意図がぜんぜんわからないんです!どうしてそんなデザインにしたのか理解できないんです。わたしって分析能力がないんでしょうか?」と質問されます。

これは一概には言えないことで、その広告によります。本当に見る側の分析能力がないのかもしれませんし、逆にその広告が本当に意味不明なのかもしれません。

ただ言えることは、世の中の広告のクオリティを過信し過ぎないことです。電車やバスなどの公共交通機関に乗っていると、車内にたくさんの広告がありますよね。これはたくさんの人が集まるところには、広告を出す効果があると見込まれているからです。

でもその中で、「良いデザイン」の広告がいったい何%あると言えるでしょう?「良いデザイン」も定義できないですけど、デザオ視点で勝手に言うと、きっと1割もないはずです。

それくらい世の中の広告はまだまだ改善の余地があると思います。だからこそグラ雨でいろいろとツッコミを入れ続けているわけで・・・(^_^;)

ですから、大きな広告だから、有名な企業の広告だから、きっと優れたデザイナーが作っているに違いないとか、とっても賢いデザイナーが練りに練って考えたに違いない、なんて考えないことです。ネームバリューでごまかされないように注意しましょう!

ある程度、デザインや広告の勉強をすれば、自分の頭で考えて、簡単に、「考えられている広告」と「考えられていない広告」が見分けられるようになりますからね!

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gd-amaoto.com/tb.php/351-7abfeb3a

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV