グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ティファニーのクリスマスポスターは、さすがの可愛さと清潔感!

ティファニー-01 

クリスマスも昨日で終わりましたけどねー。ま、いいじゃないですか、その余韻を感じながら、今日、分析してご紹介するのは、いつもグラ雨で取り上げている阪急百貨店うめだ本店近くのムービングウォーク横のポスタースペースで展開していた、ティファニーのポスターです。

きっとクリスマス専用ではなく冬季のキャンペーンかもしれませんが、クリスマスメインに間違いはないでしょう。ビジュアルのアートディレクションはそのセンスからして、日本ではなく本国アメリカで作成されたものだろうと推察します。しかし、この掲出場所ですから、ポスターの右下には、阪急百貨店うめだ本店のロゴが入っていますね。阪急さんの広告枠です。

ポスターは3つの美しいシーンと、ティファニーのロゴだけのポスターの4種類が繰り返し貼られています。さて、その内容は・・・


南側から歩いてくると、一番手前に見えるのがこの(↓)ポスターです。

ティファニー-01
 

NYのロックフェラーセンターのスケートリンクです。モデル撮影していると思うのですが、加工によりイラストのようにも見えるメルヘンチックなビジュアルです。犬のカップルもいて可愛いです。犬の首にはティファニーブルーのりボンがあり、カラーコーディネートもそつがありませんね!

ここで扱われているのはダイヤのリングが2モデルです。デザインを勉強している学生さんに注目してほしいことは、完全なイメージシーンではなく、このようにガッツリと商品の宣伝がなされていることです(笑)

二番目に見えてくるのは、この(↓)ポスターです。

ティファニー-02
 

このシーンはどこでしょうか?ホテルでしょうか?ペントハウス?いずれにしても、窓の外にエンパイア・ステート・ビルがあることから、ここもNYのどこかとわかります。窓には鳩のカップルもいます。

部屋の中央に置かれた大きなツリーに、巨大なリングが4つもひっかかっていますね!インパクトあります。そして、ブルーのカラーコーディネートに注目してください。夜空、ツリーの星や丸い飾り、積まれたティファニーの箱と上手くコーディネートされています。

三番目に見えてくるのは、この(↓)ポスターです。

ティファニー-03
 

5th Avenueの57th Streetにある、TIFFANY & COの前には、イエローキャブのトランクに積みきれないほどのティファニーの箱。それでも楽しげな女性の後ろには、彼氏でしょうか?さらに山ほどの箱を抱えた男性が控えています。それを見た運転手が驚いています。

女性はダイヤモンドたっぷりの大きなカギをもっています。キーネックレスは、現在ホームページのトップも飾っているもので、1837年の創業当時からあるティファニーらしいアイテムのひとつです。「心の扉を開く」という意味もあり、3つの鍵を持つと、「愛・健康・富」を手に入れるという意味があるそうです。

ティファニー-05
 

ここでも寒々しくなりすぎないように、ショップの壁のグレーがほんのりとブルーになっています。上手いですね!

そして、ロゴです。

ティファニー-04
 

普通はロゴだけでポスターを1枚使うことはないのですが、ここでは3つのシーンポスターと連貼りされるワンセットの中でのロゴとしてこれくらい強調されていたほうが、インパクトがありますし、色のコーディネートもしっかりしますよねー。さすがです。

そしてこのティファニーブルーです。このブルーの発色をティファニーの規定どおりにするためのチェックは厳しいですよ~!

余談ですが、実はデザオも1度、ティファニーの仕事をしたことがあります。日本で仕事を通すのは、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクという会社ですが、もちろん本社はアメリカなので、印刷物をアメリカに送って色のチェックなど受けなければならないのです。

当然、スケジュールにかなりの余裕を見ておかないといけないですし、やり直しが何度もあってはいろいろと支障をきたします。そのため、どんなに印刷枚数が多い媒体でコストを抑えたい場面でも、CMYKでこのブルーを作るのは無理なので、最初から特色を使用して、わずかな色転びもないティファニーブルーの再現を要求されました。

幸い大きな問題なく無事に仕事は進められましたが、その色への厳しい要求度の高さは、私の記憶に強く残っています。

まとめ

さて、ティファニーに限りませんが、ブランドをリードするアメリカのハイクオリティなアートディレクションは、流石としかいいようがありません。ブルーに振ったカラーコーディネートも不自然なところはありませんし、NYっぽさもさりげなく表現され、ブランドヒストリーを暗示しています。

ちなみにNY本店ではこのポスターとゆるく連動したウィンドウディスプレイであったようです。(こちらのNY在住の方のブログ参照→Petite New York

単にカッコいいとか、おしゃれとかいう、曖昧なクオリティ基準ではなく、ティファニーらしさやその魅力を十分に理解して、どのような女性がターゲットなのかを知り尽くしたアートディレクションです。それは仕上がりを見れば、日本人にも一目瞭然ですよね!?

きゃあ~~~、可愛い―!

という声が聴こえるようです(笑)

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gd-amaoto.com/tb.php/225-4f0bd593

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV