グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

挑戦の数だけ、保険がある。東京海上日動のキャンペーン

挑戦の数だけ保険がある

画像は阪急うめだ駅です。東京でもあちこちで展開している東京海上日動の広告「挑戦の数だけ、保険がある。」ですね。

ひとつひとつのビジュアルコミュニケーションを見ると、登山家、プロポーズしている男性、母親のハイヒールで歩こうとする小さな女の子、スポーツ選手など、いろんな種類の挑戦が描かれています。

残念ながら画像はないのですが、車内吊り広告ほか、いろんな掲出場所で同じキャンペーンを目にしました。

キャッチコピーと社名ロゴ+ロゴ上のショルダーコピー以外の文字情報がないことから、知名度UPや、ブランドイメージを意識した、かなりピュアで古典的な企業イメージ広告だと言うこともできると思います。(「私たちはすべての挑戦を応援します。」というフレーズがある場合もあります)

この広告を見て、「おお、いいねー、じゃあ保険に入るか。」とならないだろうというところがポイントです。あくまでじわっといいイメージで浸透していくことが狙いでしょう。

きっとスペシャルサイトがあるだろうと見てみると、やっぱりありました。(↓)

挑戦の数だけ保険がある3
 

ブルーのコーディネートがキレイですね!リキッドデザインで快適ですし、CM動画も楽しめます。

さて・・・。

広告としては面白いです。「ああ、あんな挑戦、こんな挑戦、いろいろあるなー」と楽しめます。

しかし、読者の方の中でも気になる方が多いのではないでしょうか。「挑戦の数だけ、保険がある。」と言えるような素材はほとんどありません。

アルピニストの登頂や、海外留学に出かける娘を空港に見送りにきた両親のCMなら「保険」もよくわかりますが、それ以外は、恋の告白にしても、子どものハイヒールにしても、保険がありません。

ラブレターを渡してもしふられたとしても、何の保証もないというCM素材を見せながら、「挑戦の数だけ、保険がある。」は矛盾していません??

まして、スペシャルサイトの中で紹介されているたくさんの「挑戦」のバリエーションも、

「今夜は無礼講だ!」という部長の言葉を真に受けてみる。
花粉症だが、花見が好きだ。
給料日まであと3日。財布には2000円。それでも誘いたい人がいる。


などなど、コピーとしては面白くても、保険がかけられない挑戦ばっかりじゃないですか。それで「私たちは・・・応援しています。」って、言えるんでしょうかねぇ。

それに、もっともリスクを取らないのが損保会社のような気もしますが・・・。

いつもクリックありがとうございます!

↓FC2ブログランキング、にほんブログ村、人気ランキングに参加しました。
それぞれ1クリックしてくださるとデザオとっても嬉しいですオー!よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

デザイン・アート ブログランキングへ

| 雑記 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |