グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「自粛する広告表現アイデア」と、その周辺の話を理解しておこう!

20150311.jpg 

今日は3/11ですね。早いもので、あの2011年の3/11から4年目になるんですね。

思えばあの日のあの時間、デザオは大阪は中之島の中央公会堂のメインホールにいました。専門学校の卒業式だったのです。照明が長く揺れてることにみんなが気づいて、「地震だね」とささやくくらいしか、関西では揺れませんでした。

しかし式の終了後、会場を出てなごやかに記念写真などを撮っているとき、東京に住む妹から「そっちは大丈夫?」というメールが入り、東京では大きかったのかなと知りました。さらに2、3時間してからだったでしょうか?誰かれともなく、携帯でYouTubeのあの津波の動画を見せ合い、東北のほうが大変だ!と気づいたのです。

グラ雨のテーマで何を言い出すの?とお思いかもしれませんね。話をグラフィックデザインに戻しましょう!

この震災の翌日に開通した九州新幹線の楽しいTVCMをはじめ、様々なキャンペーンが放映中止、掲載停止になったわけです。九州新幹線もなんとも数奇な開通を迎えたものです。いわゆる「自粛ムード」というやつです。

あの有名な「こだまでしょうか?」のACの広告が散々流れ始めたのもこの「自粛ムード」の中でした。楽しいCMの放映を不謹慎と判断した多くの企業がいっせいに手を引いて、流せるコンテンツが極端になくなってしまったのでしょう。

デザオにとっては、多くの関西の人と同じく、この東北の震災はすぐに神戸を思い出させるものでした。「またか・・・」と思ったのです。今調べてびっくりしましたけど、あの震災は1995年の1/17なんですね。もう20年も前とは!信じられなーい。。。

ストップがかかった表現アイデア

大阪市北部に住んでいたデザオの一人暮らしのマンションは大きく揺れ、家中のものが崩れ落ちましたが、大した被害も怪我もなく、仕事も普通に再開しました。

ところがです。そのとき制作途中で、プレゼンも無事終わり、モデルの撮影もした夏のセールの新聞広告がありました。再校まで進んでいて校了間近だったのですが、表現アイデアにえらいさんがストップをかけたのです!

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(考え方編) | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |