グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

生徒のフットワークが重い!?面白がるより、めんどくさがるが主流なのか?

20150306.jpg 

今日はめずらしく愚痴のひとつもこぼしましょうかね・・・。

グラフィックデザインコースを持つ、ある他の専門学校関係者の方とお話していて、学生のフットワークが重いという話題になりました。確かに身近な講師陣の人たちの意見でもそう聞く事が多いですし、デザオ自身、そう感じるときがあります。ほかの学校でもそうなのかと思いました。これは、いったい何なのでしょう?

大前提として、個人差は大きいですからね。なんでもやってみようと行動を起こす生徒たちももちろんいるんですよ。でもあくまで平均的な話として、積極性に乏しい、行動を起こすのを敬遠するというのは、ここ数年の世代の生徒共通の特徴で、年々ひどくなっている印象があります。

具体的な例を3つあげてみましょう。

1. 出かけるのが億劫

面白い展覧会がある、デザインに関係するイベントがある、新しいお店やショッピング施設がオープンした、などの街情報があるとしましょう。情報を聞いたときは、面白そう!行ってみたい!興味がある!と言っているのに、1週間たっても、1ヶ月たっても、行ったと言わない。忘れたころにきいてみると、ああ、そうですね、行ってないです。忙しくて、と言う。

2. アナログ作業が億劫

絵の具で絵を書く、鉛筆でスケッチしたり、タイポグラフィのアイデアスケッチをする、大型の作品を工作する、などのアナログ制作物があるとしましょう。やりだすとそれが楽しいとわかるのですが、やりだすまでが後期高齢者並に腰が重い。なんだかんだと理由をつけて着手しない。まるでテスト前の勉強のように、やらないといけないとわかっちゃいるけど、ぎりぎりまでやりたくないかのようです。

3. ネットになかったらない

時代でしょうか?世代でしょうか?こだまでしょうか?写真素材を探すのも、情報を調べるのも、ネットです。それ自体は別にいいのです。便利で効率的ですからね。でも、ネットで見つけられなかったら「なかったです」で終わるのはおかしいでしょう?(笑)企業やお店に電話1本入れてきいてみれば済むようなことをしない。図書館や書店に行けばありそうなものを確認しない。ネットで誰かが調べてアップしてくれてない情報は、見つけようがないとあきらめてしまうのです。ネットのなかった時代はどうしてたと思うんでしょうか?

まるで引きこもりやニートのような内向き性向が、実際の意味だけでなく、学習スタイルの傾向としてもじわじわと影響しているかのようです。そんな時代だから仕方ない、と済ませてしまうには怖すぎる傾向です。

もちろんそこで、講師なんだから、行動を起こすことによって得られることの良さや楽しさを理解させ、満喫させ、自らそれに気づくようにもっていけよ、と言われればそれまでですが、それを学生に直接訴えかけないと伝わらないくらいになったんだなと、驚きとともに自覚してきています。

実際に生徒に行動させてみて、やってみたら面白いでしょう?と聞くと、面白いです!楽しいです!とこたえるのですが、じゃあ、授業でなくても自分でもやってみたらどうですか?って聞くと、めんどくさいから多分やりません、ってなるんです(笑)ガクっ・・・(^_^;)

≫ 続きを読む Read More

| 広告とデザイン業界 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |