グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ポートフォリオを作ろう!① 就職転職へのパスポート

ポートフォリオ-1

デザイン事務所、デザイン会社の求人に応募したら、まず言われることは、履歴書や職務経歴書とともにポートフォリオを送ってください、ということです。いきなり面接に行くことができればラッキーなもので、普通は、デザイン会社も忙しいので可能性のない応募者との面接に時間を割かれるのも、はっきり言って迷惑なのです。そのために、面接時間を割く価値のある応募者かどうかを確認するために、ポートフォリオを送ってくださいというわけです。

ポートフォリオ(portfolio)とはもともと「書類を挟む道具」を表す言葉で、クリエイティブ業界と言われるような職業では、クリエイター個人や会社の「作品をファイルしたもの」というニュアンスで使われます。(※クリエイターという言い方は好きではないと以前に書いたことがありますが、ここではグラフィック業界に関わらず、ゲーム業界などその他多くの業界でもという意味であえてクリエイターと呼びましょう(^_^;) そのときの記事はこちら

デザオの経験では、フォトグラファー、スタイリスト、ヘアメイクなど撮影系のクリエイターさんのポートフォリオは、単に「ブック」と呼ぶことが多いような気がします。始めての人を紹介してもらうときに、「ブック見せてくださいねー」などと言うのです。しかし、その意味はポートフォリオとまったく同じです。

グラフィックデザイナーとしての就職転職を目指す方にとって、このポートフォリオは、ほぼ唯一無二の武器でありパスポートです。ときには学歴や実務経験で誇れるものがない場合でも、ポートフォリオのクオリティ次第では、かなりいい職場でも入れてしまう可能性があるのです。宇宙戦艦ヤマトで言う波動砲のようなものですね!←はい??

どうしてポートフォリオはそんなに強力かつ唯一の武器、パスポート足り得るのでしょう?

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |