グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

白銀比って、何!?←いつもお世話になる便利な紙のサイズ、A列とB列です(^o^)/

20141103-0.jpg

長方形の縦横比率で、白銀比があります。1:√2=1:1.414・・・という比率です。

造形上、美しい比率として黄金比率も有名ですが、白銀比も古来から美しく使いやすい比率として同様に有名です。その比率は現在も、オフィスのコピー用紙の比率として身近なところでも活用されています。

A列(A0.A1.A2.A3.A4.A5...)、B列(B0.B1.B2.B3.B4.B5...)が、白銀比になっています。実際コピー用紙として使われるのは、A4とA3、B5とB4くらいですが。また90年代のオフィスの効率化のためにB列をやめてA列だけにしようという風潮が起こり、A4とA3だけにしているところも増えました。

ビジネス書類がこのA列に統一されはじめると、デザイナーがプレゼンテーションで作成する企画書もA3やA4になり、B列が少なくなりました。B列大好きだったデザオにとってはつらい傾向でした。そうなると、ビジネス書類と一緒に扱われるパンフレット類やカタログ類もA4にしようという流れが加速しました。

そして、今ではチラシ、フライヤー、パンフレットといえば、まずはA4を基準として考えることが多いのです。だからこそ、それに縛られずに、あえて変形にしたり、サイズを変えて目立ちたい!と考えるのもデザイナーとしては自然な発想ですが、ひとまずこのスタンダードの白銀比を理解しておきましょう! 

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |