グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

【Q&A】私の上司はどうして怒鳴るばかりで具体的な指示をしてくれないんでしょう?

20141120QA.jpg 

いやー、今日は更新時間が遅くなっちゃいました~。

ある教え子S君は、専門学校では学生さんでも、実はれっきとした就職2年目のデザイナー、23歳の社会人です。彼の職場は名古屋の情報誌の制作をしている会社です。

ある日の彼の相談です。

「私の上司は怒鳴るばかりでデザインの指示をしてくれません。やりなおしてこい、何にも考えていない、やる気がない、仕事を舐めているなど、こちらがげんなりするような悪態ばかり言うんです。もう心が折れそうです。私から、どこがダメですか?もう少しどうしたいと思っておられるのか教えて下さいと質問しても、自分で考えろ、もう2年目だろう!とデザインについては何も具体的な指示をしてくれないんです。」

なるほど~、これはありがちな話ですが、当の本人からするとたまったもんじゃありませんねー。愚痴のひとつも言いたくなるでしょう。他にもいろいろと具体例を出して上司を嘆く彼は、自信も失いかけて、自分はデザイナーに向いてないんでしょうか?と落ちこんでいます。

さて・・・。人の会社のことですけど、こんなS君に、デザオが何を言ってあげられるでしょうか???でも、実はS君は知らないでしょうが、こういう話はよく聞く話なんです。

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

印刷のアミ点を直接「目」で見て楽しみながら学べるグラフィックデザイナーのおもちゃ→ペンルーペ25倍

ペンルーペ-6 

は~い!今日は、印刷物の色校正で使っているペンルーペをご紹介します!

使っていると言ってもデザイナーに必須の道具・・・というわけではありません。でも、あるととても印刷の勉強になります。なにせ、直接オフセット印刷のアミ点を「目」で見ることができるんですから~!(^o^)単純に楽しいんです!

もともとは、デザオがまだまだ新人の頃、ある印刷の営業の中野さん(仮名)が色校正のチェックに使っていたのを見かけてから興味を持ったのです。

私のイメージでは、印刷会社の営業のおじさんは、だいたいタイプが決まってまして、気の弱い真面目教師風の人か、スーツをパリっと着こなし眼光の鋭い殺し屋風の人が多いんです。←おいおい、勝手にそんなことを。

中野さんは明らかに殺し屋風なんですが、いつも持っているアタッシェケースにはきっと組み立て式のライフルが入っているんでしょ?って言うと、イエスともノーとも言わず、フフフ・・・と笑うんです。怖いでしょう?

その中野さんが、スーツの内ポケットからすっと、このペンルーペを取り出すときには、一瞬ピストルか!?とこっちも身構えるんですよ(笑)

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 17:17 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ラックスルミニークCMの画面右下に一瞬現れる*印の注釈はどこにかかってるの?

LUX-5.jpg 

は~い!今日は、LUX SUPER RICH!をモノマネで言うと、LとRの発音が上手くなるという都市伝説でおなじみのラックスのCMです。何気なく見かけたラックスのTVCMで、画面右下に一瞬、こんな文字が入っていたのです。

LUX-4.jpg
 

*ラックス史上において

「ん?なにが?何の話?」と思いました。(余談ですが、普通はこういう注釈は※印で入れるものですが、やはり外資由縁だと*アスタリスクにするんですかねー。)

ラックス史上というからには、以前のコピーライティング関係記事でもご紹介したことがありますが、「最上級表現がどの範囲でのことなのかを示している」のは明白です。(その記事はこちら↓)

関連記事:我がドイツの科学力は世界一ィィィ!!い、いか~ん!客観的な基準がないときに、コピーでの最上級表現はァァァ、避けるんだったァァァァ~!

その記事の中でご紹介したことで、今回も関係すると思うのは下の文章のところです(↓)

広告や商品ラベル、ポップなどの宣伝コピーの中で、「最高の」「極上の」「ナンバー1の」などの「最上級表現」は、その根拠や数値を示さなければなりません。

では、今回のラックスの注釈はどこにかかっているのでしょう?このCMが録画した番組の途中にあったのをいいことに巻き戻して検証!(今どき巻き戻すって言いますかね・・・?)

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gabaマンツーマン英会話 冬の短期集中プランのB3ポスターを勝手に分析!

gaba.jpg

は~い!今日も街の広告を勝手に分析して、デザインの勉強をする人のために解説してまーす!何か、テキサス親父みたいな話し方になってるけど、気にしないでくださいねー。

今回は、Gabaマンツーマン英会話の広告です。地下鉄のドア横枠のB3ポスターですね。

この犬をモチーフにしたポスターは、色数も文字情報も少なく、C.Iカラーと思われるグリーン系でまとめられていて、スッキリしたわかりやすい広告です。

主要な文字情報を書き出してみます。

キャッチコピー:重い腰をあげると、見晴らしがよくなりますよ。
Get up, for a better view.
タイトル:冬の短期集中プラン
Gabaのロゴ
入会金 半額 11.1-12.29 0120-286-815 
Gabaマンツーマン英会話


コンセプトの「伝えたい情報」は明確で、好感が持てます。メッセージがシンプルなので、広告のアイデアを楽しんで作っているように思えます。でも、デザインの勉強のためには、もう一歩踏み込んで分析!

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女性誌の車内吊り広告を見るときの楽しみ→トレンドでなくて、ネーミング(^o^)→NIKITAで学ぶインパクトのあるネーミング!?

ちょい可愛レディ

雑誌WITHの車内吊り広告です。きっと皆さんも通勤途中によく見ますよね―。女性であれば、自分が雑誌のターゲット層であろうとなかろうと、どんな事が記事になっているのか、ざっと目を通してしまうんじゃないですか?

ついつい私もこういう女性ファッション誌の広告を楽しく読んでしまうんですよねー。え?デザオさん男性でしょって?そーですよ。何か問題でもございまして?別に私がゲイナーだってわけではありませんよ!←何でゲイナーやねん(笑)

それは流行にどんなネーミングをつけてるかなぁ~という楽しみです。このWITHの特集記事の見出しで使われているのが「ちょい可愛レディ」です。この手のやつです(^o^)

ファッションの流行や、読者の気持ちを上手く組み合わせて、そうそう!そんな感じ!という絶妙なネーミングを考えるのはさぞかし大変だろうなといつも見てて思います。

考えてみると、「きれいカワイイ→キレカワイイ」や、「大人カワイイ」、などのざっくりしたネーミングから、「生足」、「森ガール」などの狭いネーミング、「草食系男子」、「めがね女子」、「イケメン」など、本の販促やマーケティング用語として考案されて、世の中に浸透する新しい言葉がいっぱいあります。

その中でもデザオがコピーライティングの授業で必ず話す、ファッション雑誌に絡むネーミングのエピソードをご紹介!

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何も言えねぇ!北島康介プロデュースのブランド看板をきっかけに、イメージ写真+ロゴだけの広告について考える。

スポタカ-1 

こちらは、大阪の繁華街、道頓堀川に面しているスポーツ用品店スポーツタカハシ(通称スポタカ)のビルです。

壁面の窓はすべて道頓堀川側から見えるので、ライトアップされ広告スペースと化していて面白いですねー。この目立つビル壁面に大きな店名看板と共にインパクト大きく掲出されているのは、株式会社デサントが展開する「アリーナ」というブランドの、北島康介プロデュースのコレクション「+K(プラスケイ) arena by KOSUKE KITAJIMA」の看板です。

本来は「スイマーをかっこよくしたい。かっこよくすることで、水泳の魅力を多くの人に伝えたい。」というコンセプトで、練習用水着のみでスタートしたコレクションらしいのですが、Tシャツも出したとあって、それを着たイメージ写真になっています。

「+K」のロゴ、わかりにくっ!!

とか思ったものの、今日のトピックは、この単独の広告の良し悪しとかじゃあなくって、こういう「イメージ写真+ロゴ」だけの、ファッションブランドの広告についてです。

というのも、学生さんの中には、こういうシンプルな構図の何をデザインしたの?と、イマイチよくわからないという素直な方がいるからです。

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(考え方編) | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケープと8×4の漫才コンビ 鏡台兄弟の登場で~す!

ケープ84-1

はい、ど~も~っ!
ケープです。エイトフォーです。二人合わせて、鏡台兄弟で~す!

しかしまぁ何やね―、僕らもがんばっていかなあかんなーいうてねー。
ほんまやねー。

ところでエイトフォー君、たった今気づいたんやけどな。
うん、何かな?

君、僕と見た感じが、よ~似とるやないか?
ケープ君、僕こそそれを言いたかったんや。
僕の真似しとるんやないか?丸いアワアワの感じが一緒やないか。

いやいや、エイトフォー君のほうが後から発売されたんとちゃうんかい。
順番から言うたら、君が真似しとるんやないか?

阿呆なこと言うたらアカンで~。ケープ君、きみ、どこのもんや?
僕かいな?僕は花王やないか。
最近は英語のロゴでkaoと書くんやで。君こそどこのもんや?
僕はニベア花王っちゅうとこや。

ううん?それは何や?花王グループっちゅうことかいな。
ほな何か?僕らは仲間っていうことかいな?

どうやら、そうみたいやな。

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新kindle voyageの広告になぜか面白みが感じられない!?どーして?

kindle-1.jpg

今日は、ここのところ、屋外広告や交通広告で見かけることが多い、amazonの新kindle voyageのキャンペーンです。シンプルなのはいいと思うのですが、どういうわけか面白くないというか、インパクトがないと思いませんか?

kindle-2.jpg
 

広告のデザインは、モノクロのイメージ写真部分と白バックの商品写真のエリアに分かれているシンプルなレイアウトです。これ自体は王道だし、シンプルなレイアウトであるべきと思っているデザオから見ても、自分でもやりそうなレイアウトなんですが、とにかく広告としての存在感が弱いんですよねー。

自戒の念を込めて、分析!

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 15:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほしのあきと関係ないなら、そのキャッチコピーはやめてほしいの。新印象派 in あべのハルカス美術館

新印象派-1 

前々から気になっていた、あべのハルカスで開催中の美術展「新印象派」を観てきました。

気になっていた理由は2つ。
1:印象派後期の画家たちがどのように画風を変化させて行くのか
2:なぜ、ほしのあきを彷彿とさせるキャッチコピーを使っているのか

冒頭の画像を見てください。これはポスターではなく電飾看板ですが、横幅があるためか、ほかのポスターでは見られない3つのほしのあきが堪能できます。

「みつめてほしいの。」「かんじてほしいの。」「かがやきたいの。」

ですねー。でもよ~く見ると、それぞれのキャッチコピーの右上に小さい文字が・・・。どうやらキャッチコピーの前の句のようです。

「もっと近くで みつめてほしいの。」「もっと光を かんじてほしいの。」「もっと自由に かがやきたいの。」

となります。それぞれにタッチの違う作品が並列でレイアウトされていることからしても、それぞれの作家(もしくは画風の変遷)がこのキャッチコピーに関係しているのかもしれません。

この3つのキャッチコピーが実際の展示と連動しているのか確認するには、行かなくてはわかりません!というわけで、展覧会へGO!

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんとかならんのかい!大阪市営地下鉄 天王寺駅改札前の柱に貼ってある出口案内が意味不明過ぎる・・・。

20141110-2.jpg 20141110-1.jpg 

久しぶりにやってきましたよ~。全国の女子高生のみなさ~~ん!←ボヤッキーか。。。帰ってきた「なんとかならんのかい!シリーズ」です!

大阪市営地下鉄 御堂筋線 天王寺駅の改札を出たすぐのところにある柱です。この柱に貼ってある出口案内、なんとかならんのかい!ほんと、何を考えてこういう順番にしたんでしょう??

この天王寺駅周辺は最近、高さ日本一のビルとして有名になった、あべのハルカスをはじめ商業施設が集まっていますが、一方北西側は天王寺公園、大阪市立美術館の緑が広がり、いろいろ案内したい気持ちはわかりますよ。

しかし、これはないでしょう・・・。

≫ 続きを読む Read More

| 雑記 | 15:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV