グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【Q&A】どんな色にしてもよくならないんです、どうしたらいいんでしょう?

20141026-2.jpg

授業後にひとりの生徒さんが教卓のところにやって来て、仕事でやっている冊子で相談があるので見てもらえませんかというので、いいですよと応じました。

その生徒さんを仮に北田さんとしましょう。彼女は2年目になったばかりのデザイナーさん(20代半ば)で、某新聞社グループのタウン誌をつくる会社にお勤めです。少ない制作人数で毎日終電ギリギリまで仕事をしています。

北田さんが私に見せてくれたのは、二つ折りにしたA3くらいの紙1枚で、それを広げるとタウン誌のある見開きページで、レストランが均等な四角のマスで6件レイアウトされています。右上には◯◯グルメというタイトルがあり、12月発行のようでした。本物をお見せするわけにはいかないのですが、ざっくりとは冒頭の画像のようなものでした。

どうも、その会社では内部に制作担当(デザイナー)はいるものの、営業担当から直接外部のデザイン事務所にデザインの依頼をするようなのですが、時間がないとき、外部発注では対応しにくいときに内部で制作するというスタイルらしいのです。

営業さんが企画して取ってきたこのレストラン紹介の見開きページ。デザイン会社に出してラフデザイン案があがってきたけど、営業さんはどうしても満足できません。

彼の意見では「デザインが良くない。これまで口頭だけで説明してきたものが、このデザイン案ではレストランさんが喜んでくれない。場合によってはこんな感じならやっぱりお断りします」なんてことにならないとも限らない。すぐやり直してほしい。

ところが、デザイン会社は、これ以上対応はできないと、それ以上のデザイン修正を断ってきたというのです。デザイン会社がそれ以上の修正を断るなんて、よほど安いギャラなんでしょうか。あまりいい関係ではないことが想像されますね・・・。

そこで営業さんは内部制作メンバーである北田さんに急いでもっといいデザインにしてほしいと頼んできたということなのです。

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 15:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |