グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

デザイナーの仕事は、きれいにかわいくデザインすることじゃあない!?

20141022.jpg 

最近、専門学校ではデザオが受け持つ新しいクラスがスタートしましたですオ~。

デザオも毎回、もしかしたら、これが自分にとって最後のクラスになるかもなんて、ふと頭をよぎりながらも、新しい顔ぶれに緊張感と期待が滲んでいるのを見ると、その期待に応えなくっちゃと思っちゃう典型的なA型なんですよ~(笑)

真面目な性格のわたくしですから(←え?)最初が肝心とばかりに、当ブログで語っているようなことをきっちりお話します。←世の中の広告にいちゃもんをつけろ!デザインチンピラになれ!なんて言ってないですから安心してください・・・(^_^;)

多岐にわたるお話の中から、今日はひとつのトピックをご紹介します。それは「デザイナーの仕事は、きれいにかわいくデザインすることじゃあない!」ということです。

どういうことかというと、それはこのブログのスタート時に何編かの記事にして書いたコンセプトと表裏一体のお話なんです。まだ読んでない方はぜひどうぞ!


正直言うと、ちょっとグラフィックソフトに慣れてくると、センスのいい学生さんは、簡単なものならすぐプロ並に作れます。

例えば名刺やハガキくらいの小さいもので使用感に馴染みのある媒体です。女性に多いですが、そんなサイズのものなら、きれいなデザインやかわいいデザインをちゃっちゃと作っちゃうのです。

でも、それだけじゃあ、プロのデザイナーとは呼べません。なぜって・・・??

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(考え方編) | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |