グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トゥールーズ=ロートレックとムーラン・ルージュをぐっと身近に感じるには・・・。

20141011-2.jpg 20141011-5.jpg 
左:喜びの女王 1892年(Wikipedia)
右:ル・ディヴァン・ジャポネ (宮城県美術館HP)

卒業生のリクエストに応えて、画家の記事をはじめて書いたのが9月12日のアルフォンス・ミュシャでした~。(→その記事はこちら

今日は、ミュシャと同じく19世紀末フランスを代表する画家、トゥールーズ=ロートレック(Henri de Toulouse-Lautrec/1864年11月24日 - 1901年9月9日)を書こうと思います!なぜかって?今年2014年がちょうどロートレックの生誕150年にあたるからですよー♪ 

なーんて。違います。生誕150年は本当ですけど、記事を書こうと思ったのは、ムーラン・ルージュ(赤い風車)というロートレックの自伝的映画を観たからなんです。

そうです。記事タイトルにある、トゥールーズ=ロートレックとムーラン・ルージュをぐっと身近に感じるには・・・というのは、この映画を観るときっとロートレックの理解に近道ですよーというオススメなんです!

私が初めてロートレックを詳しく勉強したのは、仕事でロートレック展のポスターやチラシなどを制作したことがきっかけでした。それまではポスターの展覧会などで彼の作品を目にしたことはありましたが、あまり詳しくは知りませんでした。

ただ、よくショットバーにお酒を飲みに行くと、壁やトイレにロートレックのポスターが飾ってあったりするのは気づいていました。きっと、彼の有名な作品の舞台になることが多いパリの人気キャバレー(ナイトクラブ、ダンスホール)、ムーラン・ルージュの華やかで歓楽的な雰囲気があって、バーにはカッコイイのかもしれませんね!

ちなみに赤い風車がこのムーラン・ルージュのシンボルなんですね。現在もパリの観光地として有名です。(下)

20141011-6Moulin_Rouge-Paris287_14 February 2010
 

ということもあって、今日はロートレックとこの映画ムーラン・ルージュをご紹介!ミュシャのときと同様に、今回もWikipediaになるつもりはないので、人物解説はほどほどにして、デザオの興味のおもむくまま書きます!

≫ 続きを読む Read More

| デザインワークご紹介 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |