グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トーン&マナーを10回言ってください→NHK朝の連ドラ「ふたりっ子」でデビューした双子のタレントと言えば?→マナカナでしょ?→あれ?

20140830.jpg 

今週は、4回の記事に分けて、C.I→ブランディングと続いてきましたねー。

デザイナーを目指す若い学生さんには、ちょっと教科書的で面白くない記事が続いちゃったかもしれませんね!でも、今後のデザインの話をスムーズにするためにも、C.Iとブランディングは、どうしても知っておいてほしいのです。

そして、すみません。今日まで、その流れで行きたいのです!C.I→ブランディング→・・・ときたら、このキーワードだけ説明させてください!この流れで自然と登場するキーワードとして、トーン&マナーをはずすことはできません。

例によって、カタカナ英語は、その定義からはっきりさせて、すっきりしましょう!

トーン&マナー(Tone and Manner)

トーン(tone)=調子、抑揚、濃淡、音色、傾向。声のトーンで彼が怒っていることがわかった。写真のトーンがとてもきれい。などという言い方で私たちがよく使うあのトーンです。

マナー(manner)=作法、方法、仕方、態度、様子、物腰、特徴、流儀、様式。彼は何も喋っていないが態度がすでにマナー違反だ。日本人の旅行マナーの良さは世界でも感心される。などと、こちらもよく使うあのマナーです。

トーンとマナーを2つ合わせると「調子と作法」ということになります。

また、ネット上のトーン&マナーに関する説明を少し集めてみると、下のようになります。

トーン&マナーとは広告表現の一貫性を保つための表現のスタイルや方法などのルールのことをいう。(
by Kotobank.jp

もともとは広告業界の用語で、広告が生み出す雰囲気や調子、世界観のこと。トーンは調子やスタイルのことで、マナーは手法や流儀のことを示している。Webサイトでも、トーン&マナーを守ることで、サイト全体のイメージを一定に保つ役割を持つ。ビジュアル、文体、Webページデザインなど、コンテンツを構成する全ての要素に対してトーン&マナーを適用してイメージを一定に保つ。ブランディング戦略にも密接に関連しているため、すでにトーン&マナーが確立している企業などの路線変更は慎重に進められることが多い。また、まったく異なるトーン&マナーでプロモーションを展開するなど、トーン&マナーを逆手に取った広がりを演出する場合もある。「トンマナ」と略されることもある。(
ASCII.jpデジタル用語辞典)

主に広告やブランド戦略における、デザインやメッセージなどの一貫性、統一感。トンマナ。(
goo辞書)

いかがでしょうか?トンマナって!デザオは、そ、そんな略し方したことありませんけどね・・・(笑)言う人は、言うのでしょうね・・・。なんか、銀座をザギンみたいなもので、軽くうざイン・ボルトですけどね。

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(考え方編) | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |