グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

言葉には限界もある!そんなときはイメージサンプルだ!【曖昧さと戦え!③-2】

20140808-04.jpg

前回に引き続き、【曖昧さと戦え!③-2】 でーす!

前回は「色出し」の説明と、昔の職場のFさんとKさんのやりとりをご紹介しました。「同じアラベスク模様でも、君の思っている模様と僕の思っている模様は違うんだ。だから色出しで見せろ!」というFさんの意見は、ある意味もっともなことなんです。

言葉だけでイメージを伝えるには限界がある!

すでにデザインされたものを見て、評価するときであれば、「古臭いからダメだ。」「エロすぎて下品だ。もっとロマンチックにしてくれ。」など、形容詞などの言葉だけでもある程度、説明できるでしょう。しかし、きっちりとしたプレゼンテーションをしたいなら「色出し=イメージサンプルを探してきて提示すること」は、出来るだけやるべきだと思います。

なぜならそれは、仕上がりの出来栄え(クオリティ)がどうなるかわからない(=曖昧)というリスクを回避して、事前に自分も確認・安心でき、上司などとイメージを共有することができるからです。

いくつかの用途を考えてみましょう!

≫ 続きを読む Read More

| デザインの基本(実践編) | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |