グラフィックデザインの雨音

グラフィックデザイナー志望者&初心者に語りかけるブログ

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

デザインは儲からない!?デザイン業界は斜陽産業なの? ②

20140530illust.jpg 

昨日の続きです。

では、グラフィックデザインの勉強をすることは無意味なのか!?

答えはNOです。NOじゃないと、学生に顔向け出来ません!(^_^;) ただ、生徒にはデザイナーにもいろいろあるんだと知ってほしいと思います。デザイン事務所に就職して、デザイナーになる、以上!いうパターンに縛られないでほしいのです。それ以外に、いろんなデザイナーの道があります。

企業内の制作部門

企業の中には宣伝部や販売促進部、マーケティング部などがあって、その中でデザインを検討する仕事があります。自ら制作することもあるでしょうし、外部デザイナーに外注することもあるでしょう。その企業が提供している商品やサービスが、世のためになっているという愛社精神があれば、その企業のためにデザイン、宣伝分野で貢献できます。社員ですから、給料も安定しています。

印刷会社の制作部門

規模の大きな印刷会社は、代理店化しています。WEBの台頭で、紙媒体が減少するリスクと必死に戦っていますが、不思議なことに印刷の仕事は意外と多くあるもので、それを受注する際に、セットで制作業務を受けることがあり、デザイナーがいます。これも社員ですから、給料もある程度安定しています。

広告代理店の制作部門

大手広告代理店の電通や博報堂でなくとも、広告代理店は多くあります。そういうところの制作部門ではデザイナーとして仕事をすることがあります。広告やプロモーションに関して、営業から実施までの苦労をすべて勉強するという意味では、デザイナーというより、広告マンとか広告ウーマンになる道です。

ですから、デザインの勉強をすることが無意味だとは決して思いません。いいデザインが社会中で求められています。何もデザイナーとして独立しなくても、上記のような組織内の環境で、デザイナーマインドやデザインスキルを発揮できるなら、きっと重宝される人材になるでしょう。そういう意味でも、デザインの勉強は無意味ではありません。

それでもあえて、デザイン会社、デザイン事務所へ就職し、その後は独立を目指すような、専門職としてのグラフィックデザイナーを目指すという方は、よほどのビジネスの才能が必要だと思います。

それはどういう意味かと言いますと・・・。

≫ 続きを読む Read More

| 広告とデザイン業界 | 02:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |